日々精進 人財プロジェクト

グルメ、資格、運動が好き

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

診断士試験合格前に読んだことがある本ですが、試験合格後に読み返すと改めて良い本だと思い紹介させていただきます。

閑古鳥が鳴く状態だったUSJを日本一のテーマパークに復活させた森岡さんの著書です。

USJを復活させた秘訣はマーケティング思考でビジネスを行ったからだし、マーケティングの定義から具体的なフレームワークなどを紹介しています。
面白いのはマーケティング=販売ではないということです。
マーケティングは営業や販売の上位概念であり、商品やサービスが自然に売れるようにする技術としています。
この定義はピタードラッガーのいうマーケティングの理想は販売を不要することという定義に通じるものがあると思います。

つまりは、劇的に売れるなにか秘策があるわけではなく基本に忠実にビジネスを行なって行くことが大事だという、意味に思えます。
そして、それを実現したのがUSJだと思います。
そう行った意味ではベテランのマーケッターでも学べる要素がいろいろとあるのではないかと思います。

また、テーマパークのコンテンツ開発という外からではなかなか知り得ない裏舞台を知ることが出来ることもこの本の魅力の一つでしょう

ビジネスに関わる方すべてに有益な本だと思います。







やり抜く力 GRIT(グリット)

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力GRITの重要性を説いた本です。
物事を長く継続してやった人とそうでない人の差をデータを用いて分析してます。
 とは言っても何でもかんでもやり抜くというのではなく、自分に合ったものを探してやり抜くことが大事と言っています。
 イチローやタイガーウッズなど、才能ももちろんあったにしてもコツコツ長く継続したことが今の活躍につながっています。
  やり抜く力は大人が読んでもためになりますが、子供にこそ教えてあげたい考えだなと思いました。
 子供が大人になるまでに何かやり続けたことがある。
それによって他の人が届かないレベルに到達する。
それが社会に出て行く時にとんだけ支えになるか計り知れないと思います。

親子で読んでもらいたい本だと思います。




マルヤス水軍 吹田店の焼き魚ランチ

f:id:hibishoujin:20181109112435j:image 

マルヤス水軍 吹田店の焼き魚ランチをいただきました。

海産物を売りにしている朝だけあって魚のさばはかなり脂がのっていました。

海鮮だしのお味噌汁の美味です。

 

f:id:hibishoujin:20181109112648j:image

f:id:hibishoujin:20181109112653j:image

こちらはランチメニューです。

ソフトドリンク1杯ついてますが、追加料金で飲み放題にできます。

f:id:hibishoujin:20181109112830j:image

店内の写真です。

かなり広々としています。

やはり家族連れの人がかなり多かったです。

休日の家族ランチでオススメのお店です。

 

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 中小企業診断士の勉強をしていた時に痛感していたのは国語力や論理力のなさでした。
今流行りのロジカルシンキングは型を覚えて思考を整理するツールとしては有効です。
けれど、根本的な国語の力は伸びていかないというのが実感です。
  国語力や論理力はロジカルシンキングや分かりやすいプレゼンの表現方法以前の根本的な力です。
しかも、厄介なことに簡単にはその力は向上しないです。
さらに勉強するにしても、本を読めばいいというものでもないです。

 論理トレーニング101題はそうした問題に応える本だと思います。
まず、量が101題もあり、1日1題としても3ヶ月以上かかります。
次に解説の後に問題がセットになっていてトレーニングを行い身につけることができます。
国語力や論理力の底上げにつながる本だと思います。

難点を挙げると量が多いことでしょうか?
自分は1回目に集中してやって2回目以降は1日1、2題をノルマとしてやってました。

時間はかかりますが、本当に実力があがる良書だと思います。




人事評価の教科書

人事評価の教科書―悩みを抱えるすべての評価者のために

人事評価の教科書―悩みを抱えるすべての評価者のために

自分が管理職に上がった時、一番困ったのは部下に対する評価をどうするか?です。

なんであの人大したことないのにあんなに出世するんだろう?
と思ったことはないですか?
その根本的な違いは自分が思っている印象での評価と会社の要求している人物像が大分違っているということが人事評価の教科書を読んでわかりました。

それと同時に、本を読んでなかったら人事評価をする際に的外れな評価をしていたと思うとぞっとしました。
管理職研修で人事評価はある程度はやるのですが、どんな考えをもとになにを評価するのか体系的に学習するのは難しいと思います。

人事評価の教科書は人事評価の理論から始まり体系的にかつ基本事項を網羅的に学ぶことができました。

管理職の人にのみでなく、なんで自分が会社に評価されてないか悩まれてる方にもおすすです。
もっと早く読んでいれば自分の出世のスピードも大分違っていただろうなと思います。


失敗しないITシステム導入

ここがポイント! 失敗しないITシステム導入 (経営者新書)

ここがポイント! 失敗しないITシステム導入 (経営者新書)

中小企業診断士の実務補習の時に参考にした本です。
クライアントさんがちょうど業務の増加により購買物流システムの更新を検討していて、まさにこの本に書いてあることで悩まれてました。
普通の企業でシステム導入に長けた人なんているわけありません。
また、ベンダーに頼るのも結局はベンダーのいいようにされて終わります。
だったらどうしたらいいかということが書かれています。

新書ですので、さらっと読める本です。
自分はコンサルタント業務で使いましたが、これから第4次IT革命が来ると言われています。
システム導入はこれからいろんな企業でニーズが発生することでしょう。
なので、コンサルタント以外の会社の方でも読むべき本にだと思います。

目利きの銀次 江坂駅前店の焼き魚定食

f:id:hibishoujin:20181104120242j:image

目利きの銀次 江坂駅前店の焼き魚定食です。

日替わりで魚が変わるので最近よく来てます。

ぼらや太刀魚など珍しく魚もあり飽きないです。

ご飯や味噌汁もお代わり自由です。

焼き魚好きにおすすめです!